2024年の最新の国際ファッショントレンドを取り入れ、個性的なスタイルを作り上げる方法を紹介します。

2023年最初の連載が元旦ということで、今年のロレックス市場について僭越ながら雑感を書かせていただく。

まずは、来る3月27日から4月2日までスイス・ジュネーブで開催されるウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブ。そこで発表されるであろう2023年ロレックス スーパーコピーの新作についてである。そして今回リニューアル候補として注目されているのは“ミルガウス”と“デイトナ”だ。

そのひとつロレックス唯一の耐磁時計として開発されたミルガウス。現行は2007年に復活し今年で16年目となる。そしていまや旧型となってしまった3100系の自動巻きムーヴメントを搭載する最後の現行モデルとなった。

そのため何らかの動きはあると思われるのだが、正直、これまでラインナップにあった白文字盤、黒文字盤が廃番になった経緯を考えると、耐磁性能を高めた新型の3200系を搭載してリニューアルされるのか、それともミルガウス自体が生産終了となってしまうのかはわからない。

ロレックスコピー オイスターパーペチュアル ミルガウス 116400GVメンズ 自動巻き ブラック

タイプ 新品 メンズ
型番 116400GV
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
文字盤色 ブラック
ケースサイズ 40.0mm
ブレス内径
【測り方】 約18.0cm
機能 耐磁
付属品 内 外箱
ギャランティー

■ロレックス
ヨットやクルーザーで航行を楽しむために生まれたマリンスポーツ&ラグジュアリーなシリーズです。高性能、高級素材が魅力で、ロレックスのスポーツラインの中では唯一メンズ、ボーイズ、レディースの3サイズが登場。ペアでの使用も可能な人気シリーズです。
■商品詳細
グリーン文字盤にシルバーボディのシンプルさが実用的に、稲妻の形をしたオレンジの秒針が目を惹く個性的なモデルです。風防がかすかにグリーンがかって見えるのはグリーンサファイヤクリスタルによるもの。シルバー指針やバーインデックスはホワイトとオレンジの蛍光塗料を施され視認性に優れます。裏蓋ではムーブメントを保護する強磁性合金で作られた2つの内部シールド(内部シールドには耐磁性の象徴であるBと→マークが刻印されている)などとことんを追求したクロノメーターです(スイスクロノメーター協会が高精度なムーブメントに与える公式認定)。

艶ありのステンレスケース・シルバーベゼル・グリーン文字盤・蛍光塗料を施したシルバーの指針・バーインデックス・12時位置にブランドロゴ・ルーレットにブランドロゴとシリアルナンバー・ねじ込み式リューズ・艶あり艶なしを組み合わせたステンレス3連ブレス・二重ロック式の片開きバックル部分にはブランドロゴ・裏蓋にはブランドロゴ

ミルガウスと同じムーヴメント、Cal.3131で内部に磁気シールドを備えるなど同程度の高い耐磁性能を有していた新生エアキングが2016年に登場したときには、筆者的にはもしかすると耐磁時計というポジションがエアキングに置き換わるのではないかとさえ思われた。

しかし、昨年実施されたリニューアルによってエアキングは、エクスプローラー I のムーヴメントと同じCal.3230になり、磁気シールドも装備されずにほかのスポーツモデルと同程度の耐磁レベルとなった。そのためいま耐磁時計と言えるのはミルガウスだけとなったこともあって新ムーヴメントに移行して継続される可能性は高くなったと言えるのかもしれない。

腕時計 スーパーコピーというニッチな趣味の世界では、ケースサイズの数mmの変化が大きなニュースになることがしばしば。HACOPY本国の新作リリース記事でも「もう少し小さなサイズだったなら」というコメントもよく見かけます。この記事の筆者ローガン・ベイカーが主観たっぷりに時計の大きさついての誤解を業界的にエクストララージサイズと捉えられる44mm前後のダイバーズウォッチを多く展開するグランドセイコーを例に解説しています。

『Second Opinions: グランドセイコーのダイバーズウォッチが証明する、時計の大きさついての誤解』

セイコー グランドセイコー マスターショップモデル SBGB001

カテゴリー 新品 セイコー グランドセイコー スプリングドライブ
型番 SBGB001
機械 スプリングドライブ
材質名 ステンレス
タイプ メンズ
文字盤色 シルバー
外装特徴 シースルーバック
タキメーターベゼル
ケースサイズ 44.0mm
ブレス内径
【測り方】 約20.0cm
機能 クロノグラフ
デイト表示
パワーインジゲーター

セイコー グランドセイコー スプリングドライブ ダイバーズウォッチ マスターショップ限定 SBGA029

カテゴリー 新品 セイコー グランドセイコー スプリングドライブ
型番 SBGA029
機械 スプリングドライブ
材質名 ステンレス
タイプ メンズ
文字盤色 ブラック
外装特徴 回転ベゼル
ケースサイズ 44.2mm
ブレス内径
【測り方】 約19.5cm
機能 デイト表示
パワーインジケーター
付属品 内・外箱
ギャランティー

【関連記事】:モンクレール ダウン メンズ コピー

ロレックスに関する驚きのニュースが飛び込んできたため、予定していた記事を来週にまわして、今回はそれについて簡単に触れてみたい。

新世代 ロレックス スーパーコピー サブマリーナーデイト 126610LN

2022年発表の新世代モデル【126610LN オイスターパーペチュアル サブマリーナーデイト】。
ケースサイズを1mmアップの41mmに設定し、逆回転防止ベゼルには耐久性に優れたセラクロムベゼルインサートを備えます。また、前モデルのがっしりとしたラグは、強靭性は残したままスマートなデザインに変更されました。
インデックスと針に塗布されたクロマライト・ディスプレイは、暗闇の深海においても高い視認性が確保されます。
ムーブメントには耐衝撃性に優れたブルーパラクロム・ヘアスプリングを備えた70時間パワーリザーブの自社製自動巻きキャリバー3235を搭載します。

特にロレックスの場合は、これまで流通における日本でのスーパーコピー市場はロレックスの他を圧倒する高い人気が牽引してきたと言っても過言でない。そのため日本ですでに認定スーパーコピーをやっている高級ブランドとは、マーケットの規模も与える影響力も格段に違う。そう単純ではないはずだ。

しかもスーパーコピーとなると定価は関係なくなるため、たとえ正規販売店だとしても実勢価格に準じた値付けとなるのは当然のこと。そうなると認定スーパーコピーといえども定価を超えるプレミアム価格(現にプログラムを開始したスイスのブヘラでは旧型GMTマスター II 黒青ベゼルの認定スーパーコピーが日本円で310万円ほどの値がついていた)となるわけだから、定価の新品とプレ値のスーパーコピーを併売するということは、特に日本においてはかなり現実的ではない。

そのため、昔から正規店を利用しているロレックス愛好家の知人によると、この一報を受けてよく知っている正規のロレックス専門店の担当にこの件について聞いたところ「海外の一部店舗のみで、日本で展開の予定はない」とはっきりと言われたそうだ。

ただ、いますぐは難しいとしても今後はゼロではないだろうし、筆者的には、アンティークも含めて将来的にはぜひ期待したい。なぜならばフルレストアされたバブルバックがあったらぜひ手に入れてみたいと思うからだ。

いずれにせよ、こうやってロレックスが介入することで加熱ぎみのロレックス市場が少しでも緩和されることを期待したい。ただスーパーコピー品よりも、まずは新品の生産量をもう少し増やして、少なくともデイトジャストなどのベーシックなコレクションぐらいは、日本の正規販売店でも普通に買えるようにしてもらいたいものである。

そんなロレックスの魅力を時計に落としこんだコラボレーションモデルが数多くリリースされているのはご存じだろうか。

そこで今回は編集部が厳選した5万円以下で購入できるロレックスウオッチを紹介する。

どのモデルもロレックスへのリスペクトと情熱を形にした時計のため、ファンはもちろん時計愛好家の方にもにもぜひチェックして欲しい。

1.大人気!ロレックス コスモグラフ デイトナ 偽物★メンズ 116509

完全自社開発の垂直クラッチ式クロノグラフムーブメントのキャリバー4130を搭載した「デイトナ」。
プッシュボタンが押されたその瞬間にクロノグラフ秒針を運針または停止させることが出来ます。
特許を取得したパラクロムヘアスプリングは、耐衝撃性・温度変化にも強いという特性があります。
こちらはホワイトゴールド製のデイトナで、新たに加わったスチール/ブラックダイアル。
スポーティーでありながらも落ち着いた大人の雰囲気を演出します。

2.最安値挑戦!ロレックス デイトナ スーパーコピー 116519LN

2017年のバーゼルワールドで発表されたオイスターフレックスブレスレット仕様の「コスモグラフデイトナ」。
こちらはホワイトゴールドケースにセラクロムタキメーターベゼルを合わせ、ブラックダイアルに8ポイントダイヤをセッティングした華やかなモデル。
オイスターフレックスブレスレットとはロレックスが開発し、特許を取得したストラップで、中心部の超弾性フレキシブルメタルブレードを高性能エラストマーでコーティングしたもので堅牢性と柔軟性に優れています。
ムーブメントにはコラムホイール&垂直クラッチ式のキャリバー4130を搭載。
こちらは2015年に再定義された高精度クロノメーターで、ケーシング後の精度は-2~+2秒で調整されます。

3.人気 ロレックス デイトナ コピー コスモグラフ 116500LN ブラック

バーゼルワールド2016で世界中に衝撃を与えたデイトナのニューモデル「Ref.116500LN」。
前作は、ケース素材と同じステンレスベゼルでしたが、新作はブラックセラミック製に変更され、傷に強くなったことはもちろんの事、1960年代のプラスチックタキメーターを彷彿させるデザインとなっています。
また、ロレックスは2015年から自社規定のクロノメーターをより厳しくしたことも発表しています。
それはケーシング後の平均日差を-2~+2秒以内で調整するというもので、これは通常の公認クロノメーター規格の2倍以上も厳格な基準となります。

芸能人が選ぶ2024年注目時計
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
タグ